このサイトはオススメのYOUTUBE動画を紹介するのみのサイトです。共有可能な動画のみ掲載しており、公序良俗に反しない動画を掲載する様に心掛けておりますが、もし一般通念上不適合と思われる動画がございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。即刻対処させて頂きます。

ジャッキアップ不要!スズキエブリイの下抜きエンジンオイル交換とオイルエレメント交換を自分でやる方法

ジャッキアップ不要!スズキエブリイの下抜きエンジンオイル交換とオイルエレメント交換を自分でやる方法

スズキエブリイDA17Vの下抜きエンジンオイル交換とオイルフィルター交換をジャッキやスロープなどを使わずそのまま自分で交換します。下抜きで安全に、簡単にやります。上抜きはしません。

目次
00:00 エブリイDA17VジャッキUPせずにオイル交換
00:20 ダンボールを敷きドレンボルト、オイルフィルタ位置確認
00:55 エンジンルームのレベルゲージとフィラーキャップを緩める
01:52 オイル受けを作っておく
02:09 ドレンボルトを緩めてオイルを抜き、また締める
05:04 オイルフィルターを外す
05:50 エンジンオイルの説明
06:13 オイルフィルタ取り付け
07:12 オイルを入れる
08:32 オイル警告ランプのリセット
08:57 オイル交換のハードルを下げることが重要

オイル交換、ましてやオイルエレメント(オイルフィルター)交換はジャッキやスロープで車を上げてやらないと普通は無理です。しかしそれは結構ハードルが高いです。ジャッキアップとなると馬もかけないと危ないしスロープもたいそうだしできればそのままやりたいです。上から抜くという方法もありますがやはりそういう道具がいるんで二の足を踏んでしまいます。車屋さんにやってもらえばよいのですがエレメントも替えるならそれなりの値段にもなります。私はオイル交換は1年または1万キロ毎と思っていますが交換時期になると、ああそろそろやらなければと思いつつたいそうな作業になるのを想像すると億劫というかうっとうしくなってしまって先延ばしになったりします。今後のこともあるし簡単にできた方がいいと考えて車を上げずに、なんとかそのままできないか 確かめてみました。結果的にはエレメント交換も含めて完全にそのままできたのでこれなら危険もないし結構気楽にできると思いました。確かにちょっと狭いですがちょっとダンボールを敷けば普通にできます。実はこうやって意外とそのままできる車も多いと思います。是非お試しください。そのままが無理でも2,3㎝の厚みの板でも、4輪とも乗っかれば、ほんの数cm上がるだけでだいぶ違うので、それでできてしまう車も結構あると思います。ともかく、エンジンオイル、エレメント交換のハードルは低い方がいいです。ジャッキアップせずにできれば、まめにやれると思います。
動画で手を油まみれにしていますが趣味の一環なので、そのようにしています。プロの方でしたら毎日のことになるのでゴム手袋をしたり、汚れないような器具を使ったりされていると思いますが、素人はそれを真似をすることはないと思っています。危険がなければ素手で微妙な感覚を知ることは大事です。わざと手を汚すことはありませんが、「手を油まみれにする」というのはメカを扱う作業の象徴的な言い方だと思います。

#エンジンオイル交換
#オイルエレメント交換
#エブリイ

SUZUKIカテゴリの最新記事