このサイトはオススメのYOUTUBE動画を紹介するのみのサイトです。共有可能な動画のみ掲載しており、公序良俗に反しない動画を掲載する様に心掛けておりますが、もし一般通念上不適合と思われる動画がございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。即刻対処させて頂きます。

【プジョー205GTI】CG加藤哲也が試乗! 80年代ホットハッチの代表は今でもこんなに痛快!!

【プジョー205GTI】CG加藤哲也が試乗! 80年代ホットハッチの代表は今でもこんなに痛快!!

フォルクスワーゲン・ゴルフⅠ GTIとルノー5アルピーヌの試乗レビューは楽しんでいただけましたか? ホットハッチの歴史を語るなら、このクルマに乗らなければ始まりません! 今回は80年代ホットハッチを代表する一台、プジョー205GTIに試乗します。ステアリングを握るのはCG代表の加藤哲也。車両は1994年型の1.9リッター仕様です。

時は1976年、5アルピーヌやゴルフGTIがデビューすると、そのスポーツカー顔負けの高性能ぶりが受け、市場から高い支持を得ました。

それから8年を経て、1984年になると、機は熟します。ゴルフGTIが2代目に進化するとともに、プジョー205シリーズにも高性能なGTIが加わりました。ここで高性能コンパクトカーの人気が一気に加速していきます。

こういった生きのいいコンパクトカーが“ホットハッチ”という愛称で呼ばれるようになったのも、ちょうどこの頃のことでした。

ステアリングを握るCG代表の加藤は、久しぶりに205GTIと対面して、「われわれが免許を取ったころは、まだクルマは排ガス規制(によるパワーダウン)から脱しきれておらず、スポーツカーというものがほとんどない状態」、「僕らの世代にとって、205GTIやホットハッチの一群は救世主だった」と当時を振り返っています。

そんな思いとともに、加藤が205GTIで目指した先は……。ぜひ本編でご確認ください!

(カーグラフィック編集長・竹下元太郎)

<主要諸元>
プジョー205GTI
全長×全幅×全高:3705×1590×1380mm|ホイールベース:2420mm|車重:940kg|駆動方式:FWD|エンジン:1904cc 直列4気筒 SOHC 8バルブ|最高出力:120ps/6000rpm|最大トルク:15.2kgm/3000rpm|ギアボックス:5段MT|サスペンション 前:マクファーソン・ストラット、後:トーションビーム

●CGオンエア ツイッター

●CAR GRAPHIC ツイッター

●CAR GRAPHIC フェイスブック
https://www.facebook.com/cargraphic.jp

●CAR GRAPHIC ホームページ
https://cargraphic.co.jp/

#カーグラフィック
#CGオンエア
#プジョー

プジョーカテゴリの最新記事