このサイトはオススメのYOUTUBE動画を紹介するのみのサイトです。共有可能な動画のみ掲載しており、公序良俗に反しない動画を掲載する様に心掛けておりますが、もし一般通念上不適合と思われる動画がございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。即刻対処させて頂きます。

アウディ e-tron GT quattro【試乗レポ】電費や走行距離を石井昌道氏がテスト!

アウディ e-tron GT quattro【試乗レポ】電費や走行距離を石井昌道氏がテスト!

概要欄>
「グーEVテストドライブとは」
各社の注目EVモデルをテストドライブ。毎回、実際の使用状況を想定した同じコース「高速道路」「ワインディング(山道)」「一般道」を走り、電費や走行性能をチェックしていく。テストの監修・ドライバーは自動車ジャーナリストの石井昌道氏が担当。

・プロフィール
石井昌道(いしい まさみち)
自動車専門誌の編集部員を経てモータージャーナリストへ。国産車、輸入車、それぞれをメインとする雑誌の編集に携わってきたため知識は幅広く、現在もジャンルを問わない執筆活動を展開。また、ワンメイク・レース等への参戦も豊富。ドライビング・テクニックとともに、クルマの楽しさを学んできた。最近ではメディアの仕事のかたわら、エコドライブの研究、および一般ドライバーへ広く普及させるため精力的に活動中。

00:14 グーEVテストドライブについて
00:19 アウディ e-tron GTクワトロのプロフィール
02:04 気になる電費は?
03:52 試乗後のレビュー

・レポート記事はこちら
【アウディ e-tron GTクワトロ】電気自動車の実力を実車でテスト【グーEVテスト】
https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/testdrive/68438/?utm_source=youtube.com&utm_medium=referral&utm_campaign=EV_TEST&utm_content=LBQSsiwgP_s

グーネットマガジン:中古車の購入に役立つ情報や新車情報、業界ニュースなど最新情報を配信中!
https://www.goo-net.com/magazine/

グーネット中古車:中古車情報を50万台以上掲載中!
https://www.goo-net.com/

グーワールド:輸入車・外車の中古車情報を掲載中!
https://www.gooworld.jp/

グーネット新車:新車情報を掲載中!
https://www.goo-net.com/newcar/

グーネットピット:車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索はこちらから! 
https://www.goo-net.com/pit/

グーネット定額乗り:新車・中古車のカーリース情報を掲載中!
https://carlease.goo-net.com/

グーネット買取:営業電話一切なしで、愛車の買取相場を無料でシミュレーションできる!車買取・車査定・車売却はこちらから!
https://www.goo-net.com/kaitori/

#電気自動車 #アウディ #eトロンGTクワトロ #グーEVテスト #グーネットマガジン

グーネット公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCpVRG6bL9JqeI2XyKfOoSdA

———————————————-

【アウディ e-tron GTクワトロ】電気自動車の実力を実車でテスト【グーEVテスト】

文●石井昌道 写真●ユニット・コンパス

 欧州や中国では、クルマを取り巻く環境や政府の補助金政策なども追い風となり、EV(電気自動車)のセールスが急進。対する日本も、普及はまだまだこれからという状況ながら、新しいEVが続々と登場&上陸している。そうした情報を耳にし、「そろそろかな」とEVが気になり始めている人も案外多いのでは?

 とはいえエンジン車とは異なり、EVの所有はハードルが高いのも事実。航続距離や充電効率、使い勝手などは車種によって大きく異なるため、どんなモデルが自分にとってベターな選択なのか、見分けるのがまだまだ難しい。

 本連載は、EVや自動運転車といったクルマの先進技術に造詣が深い自動車ジャーナリスト・石井昌道氏の監修・解説の下、各社の注目モデルを毎回、同様のルートでテスト。実際の使用状況を想定した走行パターンでチェックすることで各モデルの得手不得手を検証し、皆さんの“EV選びの悩み”を解決することを目的とする。

 今回採り上げるのは、アウディの量産EV第2章の幕開けを飾る「e-tron(イー・トロン) GT クワトロ」。ポルシェ「タイカン」と兄弟車の関係にあるこのモデルは、どのような魅力を備えているのだろうか?

・アウディe-tron GT クワトロのプロフィール

 ここ日本でも、2021年秋より、同年2月9日に本国でワールドプレミアされた「e-tron GT クワトロ」のデリバリーが始まった。このモデルは、先行したSUVの「e-tron」と「e-tronスポーツバック」に続く、アウディEVラインナップの第2弾だ。

 2033年以降、ブランド全モデルの電動化を打ち出しているアウディ。その布石の年となった2021年、彼らは内燃エンジン搭載モデルよりも多くのEVを世に送り出し、EVラインナップ数を倍増させた。こうした動きはとどまることを知らず、2025年までに20以上の新しいEVを展開予定。2022年秋には、新しいコンパクトSUV「Q4 e-tron」、「Q4 Sportback e-tron」が日本にも上陸予定だ。

 こうした動きの中、アウディ内部では“構造改革”が進んでいる。EVの第1弾だったe-tronとそれをベースとするクーペSUV・e-tronスポーツバックは、エンジン搭載車と同じ“MLB evo”プラットフォームを採用していたが、新しいe-tron GT クワトロやそれをベースとした高性能モデル「RS e-tron GT」、そしてQ4 e-tronとQ4 Sportback e-tronには、EV専用プラットフォームが導入されている。

 今回フォーカスするe-tron GT クワトロはその名のとおり、エモーショナルなデザインとパワフルなドライブトレーン、長距離ドライブを快適にする優れた乗り心地と快適なキャビン、そして、ダイナミックなハンドリングを網羅した4ドアのグランツーリスモだ。

 前後アクスルにそれぞれ電気モーターを搭載し、システム最高出力は530ps、最大トルクは65.3kgmを発生する。この強心臓が生み出す駆動力を路面へと伝えるのは、完全に電子制御された4輪駆動システム“エレクトリック・クワトロ”。EV版クワトロの美点はなんといっても反応速度で、30ms(ミリ秒)と機械式クワトロ比で5倍のレスポンスを誇る。

 高性能の源流となる総容量93.4kWh(実際の使用容量は84kWh)のリチウムイオンバッテリーはフロア下にレイアウトされており、WLTCモードで534kmの航続距離を実現。長距離ドライブもこなせるだけの“アシの長さ”を身につけている。

 大容量バッテリーを搭載するEVでは充電時間の長さが気になるが、e-tron GT クワトロは150kWまでの急速充電に対応。アウディ ジャパンがe-tronシリーズ販売店として全国102店舗への拡充を進めている、Audi e-tron店に設置される150kWの高速充電器を使えば、90kWの急速充電器と比べて約1.66倍の充電スピードを期待できる。

 日本仕様のボディサイズは全長4990mm、全幅1965mm、全高1415mm。ホイールベースが2900mmと長いため、最大5名が移動できるキャビンは大人4名がラクに長距離移動できる空間が確保されている。またラゲッジスペースは405Lと十分な容量が確保されており、旅行やゴルフのアシなど、レジャードライブでも活躍してくれる。

 タッチ式ディスプレイに各種操作系を集約したコックピットは、最新のアウディ上級モデルに通じるもの。その上で、低いドライビングポジションを採用するe-tron GT クワトロは、いかにもドライバーズカーといった印象だ。

 アウディ最高峰のEVであると同時に、アウディの理想を体現したEVであるe-tron GT クワトロ。その開発ターゲットは、人々の心を躍らせる進化というものだ。クルマ自体の性能追求にとどまらず、充電インフラや充電に伴う所要時間といった課題をポジティブにクリアしようとするアウディのトライは、EVの明るい明日を切り拓くことだろう。

■グレード構成&価格
・「e-tron GT クワトロ」(1399万円)
■電費データ
◎交流電力量消費率
・WLTCモード:200Wh/km
 >>>市街地モード:207Wh/km
 >>>郊外モード:198Wh/km
 >>>高速道路モード:201Wh/km
◎一充電走行距離 ・WLTCモード:534km

・前面投影面積の小ささが電費にも好影響

 2021年4月から始めたEVテストだが、今回はもっとも気温が低いなかでの走行となった。

 毎回同じルートを同じように走って実電費を測ってモード電費とどれぐらい違うのかをみるのが当企画の主旨だが、気温も大きく影響する。一般的にEVはヒーター使用時の電費が20〜30%は落ち込むと言われていて、12月28日には春にテストしている日産リーフe+とマツダMX-30 EVを再び連れ出した。両車とも春は気温が10〜20℃程度だったが、12月は8〜12℃程度で、電費の悪化は10〜20%といったところだった。

 テストをスタートする時間も毎回6:00と決めてあるが、12月28日はその時点で8℃と意外や暖かく、春との差が思ったほど出なかった。1月26日のテストでは4.5℃、そして今回2月22日は1℃(海老名サービスエリアでは0℃)と冷え込んだ。初テストのアウディe-tron GT クワトロにとっては電費的に不利になるだろうが、またの機会をみて暖かい時期にも実施したいところだ。

 高速道路の電費は、制限速度100km/h区間であるその1が3.7km/kWh、その4が4.9km/kWh、制限速度70km/kWh区間のその2が4.5km/kWh、その3が4.9km/kWhだった。

 その1の電費がもっとも悪いのはヒーター使用の影響だろう。気温はその1が0〜1℃、その2が2〜4℃、その3が7.5〜8℃、その4が9〜9.5℃。その1がもっとも低いうえに、朝イチでまだ車内が冷えているからヒーターの負担も……

詳しくは[レポート記事]をチェック!
https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/testdrive/68438/?utm_source=youtube.com&utm_medium=referral&utm_campaign=EV_TEST&utm_content=LBQSsiwgP_s

アウディ e-tron GTクワトロのカタログ情報はこちら
https://www.goo-net.com/catalog/AUDI/ETRON_GT_QUATTRO/?utm_source=youtube.com&utm_medium=referral&utm_campaign=EV_TEST&utm_content=LBQSsiwgP_s

Audiカテゴリの最新記事